自賠責保険と任意保険はどちらも加入している必要あるの?

*

自賠責保険と任意保険はどちらも加入している必要あるの?

自動車保険は自賠責保険と任意保険の二つの保険に入るのが基本ですが、なぜ2つ入る必要があるのか疑問に思う方もいるかと思います。

この二重構造が基本となり、片方にだけ入っていればいいというものではありません。

その理由を見ていきましょう。

自賠責保険と任意保険に入る必要性

自動車保険には自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)任意保険の二種類があります。

これを二重構造と表現することが多いです。
ƒ√
理由としては自賠責保険だけでは保険として不足分があり、これを補うために任意保険が必要となってくるのです。

なぜなら事故を起こしてしまった場合、治療費や修理費、または慰謝料などを支払うのは加害者ですが、この治療費、修理費、慰謝料とこれだけの損害額をすぐに支払える人はそうはいないからです。

そのため、自動車を保有する運転者は、強制的に自賠責保険への加入が義務付けられ、高額の損害賠償金を賄うために任意保険への加入が勧められているのです。

2つの保険について

自賠責保険

自動車や原動機付自転車を含むバイクといった、運転免許が必要な乗り物を所有する運転者全員が加入を義務付けられている保険です。

交通事故の被害者に最低限の保証を与えるために制度化された保険で、強制保険とも呼ばれております。

内容は被害者が死亡した場合、負傷した場合のみ補償金が支払われます。

負傷の場合は120万円、後遺障害の場合は75万円~4,000万円、死亡時には3,000万円と上限額が決められております。

また加害者自身が負傷した場合の治療費が支払われないばかりか、死亡した場合にも補償金は支払われません。

そのほかにも物損事故に対して補償金は支払われず、人身事故における自動車の修理費も支払われず、あくまで最低限度の保証となります。

任意保険

一般的に自動車保険と呼ばれる保険、保険会社の損害保険の一種です。

事故により被害者に対して自賠責保険では賄いきれない、慰謝料を含む損害賠償金が発生した場合に補完する保険となります。

また自賠責保険とは違い、物損事故にも利用可能で、さまざまな状況に対応する事ができることが特徴です。

例えば被害者自身はもちろん、自動車の修理費も補償金支払いの対象とすることができるため、自賠責保険では対応できなかった部分を補えます。

また対人賠償保険や対物賠償保険では、補償金額の上限を上げることも可能で、これにより被害者からの損害賠償請求に十分対応できるようになります。

サービスによっては自身の身体や自動車に対する補償を付けることもでき、人身傷害保険、搭乗者保険、車両保険、また示談交渉サービスやロードサービスなどを付帯させ、あらゆる事故を想定して保険を掛けることができます。

任意保険は万が一加害者となってしまった場合のために加入するものと考えておいても良いかもしれません。

まとめ

自賠責保険と任意保険はどちらも加入すべきです。

万が一加害者となってしまった場合は自賠責保険だけでは到底カバーしきれないでしょう。

巻き込まれるリスクと巻き込んでしまうリスク、運転している以上これらは必ず付きまといます。

交通事故トラブルへの備えとして、自賠責保険・任意保険 双方に加入するのは大事なことです。

そしてそれは最低限、対人賠償保険、対物賠償保険を充実させた任意保険に加入しておくことを強くお勧めさせていただきます。